2019年06月09日

幻想的な光景に今年も出逢えることが


 昨夜8日(土)、宇都宮市内から車で30分位の山間の郷に流れる小川へ「ホタル」を見に行って来ました。初夏の陽気から梅雨入りの季節に移り替わるころ、この時期だけしか見られない幻想的な光景に今年も出逢えることができました。
そして、いつも思い出させるのが、野坂昭如さん原作の「火垂るの墓」のワンシーンです。

 知りませんでした ( ;∀;) 。
「火垂るの墓」のポスターの光は、蛍だけじゃなかったのです。

6/9 火垂るの墓❶.jpg

画像を明るくすると、上空に爆撃機らしきものが描かれているのがわかります。
光は蛍だけでなく爆撃機から落とされている焼夷弾だったのです。
 
6/9 火垂るの墓➋.jpg


【日本気象協会指数情報】 6月10日(月)

「宇都宮市紫外線指数」 やや強い
5/14 やや強い.png

「宇都宮市熱中症情報」 ほぼ安全 
5/30 ほぼ安全.png
posted by コミセンだより at 12:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: