2018年11月19日

救急業務を取り巻く課題 「救急車の適正な利用を」


 救急車の出動件数が全国的に増加をしています。
宇都宮市でも、高齢化により救急需要は今後ますます増大する可能性が予測されます。救命率の低下を防ぐためにも、救急車の適切な利用が必要となっています。

11/19 救急車.png
イラストは「illust-box.jp」さんより転用させていただきました。

救急車で搬送された人の半数近くが医師の診断により入院の必要のない軽症の方々となっています。
緊急性の高い傷病者に、少しでも早く救急隊が到着できるよう「救急車の適正な利用」を「宇都宮市消防局」でも呼び掛けています。

posted by コミセンだより at 10:22| Comment(0) | 日記